シンガポールを楽しむために!シンガポール旅行に行く前に知っておくべき事・暗黙のルールまとめ

スポンサーリンク
シンガポール

こんばんは。Miaです。

前回の記事の「シンガポール旅行ならではの持って行くべきもの」に通じるものがあるのですが、今日はシンガポールに行く前に知っておいた方が良いことをまとめてみました!

シンガポール旅行に持って行くべきものは大体分かったよ。でも何か知っておいた方がいいことはあるのかな?



といった方、いらっしゃると思います。知っておいた方がいいこと、暗黙のルールって国ごとにありますよね。

旅行はもちろん、初めてシンガポールに住む方、留学する方にもぜひ目を通していただきたいです。

事前に知っていたら、もっとシンガポール旅行が楽しく、スムーズになると思います。

スポンサーリンク

お湯のスイッチ

ホテルよりも、HDBやコンドミニアムに滞在する方の方が見かけるかもしれません。バスルームの外に電気のスイッチのようなものがあり、それを押して赤ランプがついてる状態でないとお湯はでません。

延々と水のままです・・・

以前私もシンガポールに住んでいたことがあるのですが、シャワーを浴びているのに間違えてルームメイトにスイッチを切られてしまい、途中から滝行のようになってしまったこともありました(笑)

お湯のスイッチが入っているかどうか確認してからシャワーを浴びましょう。

終わったらスイッチもオフにしてくださいね。

レストランのランク

シンガポールのレストランやフードコートは衛生管理がしっかりしていて、お店ごとに衛生ランクを表すアルファベットのステッカーが貼ってあります。

AかBが多いです。

もちろんAが一番良くて、Eまであるらしいです。

私はCまでしか実際に見たことがないのですが、Cのホーカーでご飯を食べてもお腹は壊しませんでした。

ここで食事しても大丈夫?

と不安な場合はステッカーを探してみてください。

シンガポールのマック

ファーストフードなんて旅行中に行かないよ!という方もいるかもしれませんが、マックなどファーストフードは国ごとに売っているものが微妙に違うので、面白いです。

ドリンクももちろんSサイズと言ったら日本のMサイズが出てきます。

Mサイズと言ったらLサイズが出てくるので注意してください。

シンガポールのファーストフードでおもしろいのはチリソースがあること。

店舗にもよると思いますが、マックはケチャップとチリソースの大きなポンプ?みたいなものが置いてあります。側に置いてある小さいプラスチックのお皿のようなものにそのケチャップとチリソースを入れてポテトに付けて食べます。

このチリソースがまた辛くておいしいんです。

バーガーキングでは「チリorケチャップ?」と聞かれます。

ハンバーガーのサイズは日本よりも微妙に大きい気がします。

レストランの税金

フードコート&ホーカー以外でご飯を食べると必ず取られるコレ。

シンガポールの消費税(GST)は7%です。

しかもレストランでご飯を食べるとサービス料金としてさらに+10%支払わなければいけません

ということは?

レストランで食事した場合、食事料金+17%の料金を払わなければいけません。

びっくりですよね。

高級レストランだけじゃなくて、居酒屋のようなお店でも食事代金+17%の支払いが必要です。

お店によっては水すら言わないと注ぎにきてくれない所もあるので、10%のサービス料金払ってるんだから、せめて水くらい注ぎに来てよーって言いたくなります(笑)

ゴキブリ

観光地では遭遇しないと思いますが、油断したころに突然現れる奴ら。

普通に道路を横断したり、外にあるトイレにいたりします。

シンガポールのゴキブリは日本のよりも大きいです。

というか、日本であんな大きなゴキブリは見たことがありません・・・

ゴミ箱周辺にいることもあるので、あまり近づかないようにしましょう。

水・飲み物

熱中症にならないように、水分補給はしっかりしましょう。

現地の方々は、水を入れたプラスチックのボトルをいつも持ち歩いています。

コンビニで買ってもいいのですが、水は意外と高いです。

先日シンガポールに行った時、コンビニで買った水が日本よりも高くてびっくりしました。

私はいつもホテルの客室に置いてある水を拝借して持ち歩いています。

フードコートやホーカーには飲み物を売っているお店があるので、日本では見慣れない味のジュースを飲んでみるのも面白いですね。

ちなみにペットボトルのジュースは・・・激甘なので要注意です。

お茶にも注意してください。

「緑茶」って書いてあっても砂糖入ってます。

慣れるとそれもおいしいのですが、砂糖入っていると知らずに飲んだら「おぇー」ってなります(笑)

砂糖なしの緑茶が欲しい場合は、「ノーシュガー」と表示あるものを選んでくださいね。

あと電車の中で水を飲むのは禁止です。気を付けましょう。

トイレ

ショッピングセンターのトイレは比較的きれいです。

洋式ではなくて、マレー式のトイレがあるところもあります。

和式のように、しゃがんでするタイプのトイレです。

私はちょっと苦手で、洋式しか使わないのですが、ちょくちょく見かけます。

それからトイレットペーパー。

大体日本みたいにトイレごとについているのですが、ごくたまに外に大きなロールが置いてあり、使う分だけそこで取ってからトイレに入るというパターンもあります。

めったにないと思います。私も1度しか見たことがありません。

紙はそのままトイレに流せます。

外のトイレで便座がなかったりすることもあります(笑)

どうやって用を足すのか、未だに不明です。

屋内のトイレでも便座が割れていたりすることもよくあります。

「シンガポールってゴミが一つも落ちていない、きれいな国なんだよね?」
とよく言われるのですが、例外もあります。

個人的にはチャイナタウンのトイレは無理でしたね。今まで見たことがないくらい汚かったです。

ホテルなら綺麗かもしれません・・・

綺麗なトイレを使いたい方は空港・ショッピングセンター・ホテルへどうぞ。

バス

バスもezリンクカード(Suicaのようなカード)で乗れるので、便利です。

でも今は新しい電車の路線がたくさんできたので、観光で使うことはそんなにないかもしれません。

シンガポール動物園に行く時くらいですかね。

シンガポールのバスは手を上げないと止まりません

タクシーと一緒です。

大人数いる時で誰かが手を上げてる時なら問題ないのですが、自分だけしかバス停にいない時はバスが見えてきたら手を上げましょう。

手を上げないとスルーして行ってしまいます。

スーパーマーケット

外国のスーパーって行くだけで楽しいですよね。

よく分からないものがいっぱいあるし、野菜とか魚でも見たことがないようなものがたくさんあります。

バラマキ用のお菓子や、ローカルフードのインスタント(チキンライスの素)等はスーパーで買った方が安いのでおすすめです。

フェアプライスやコールドストレージ、カルフール等のスーパーがありますが、個人的におすすめなのが、ムスタファセンターです。

ファーラーパーク駅近くのインド系のスーパーなのですが、お土産は毎回ここで購入しています。

お土産用の小物やお菓子も、かなり安い金額で揃います。

よく分からないものもいっぱいです(笑)

紅茶もたくさん売っているので大量買いできるし、時間があればのぞいてみるだけでも楽しいと思います。

インド系のスーパーなのでスパイスもいーーーっぱい!

アーユルヴェーダの石鹸がかなり安く手に入ります。

日本で買うと倍以上するらしいので、荷物に余裕がある方は買いです。

土日の昼間に行くとかなり混んでいるので、平日に行くか夜とか時間ずらして行った方がいいです。

店内の通路がかなり狭いので、大きな荷物は持たずに身軽で行った方が動きやすいと思います。

ムスタファセンターの詳細はこちら。ムスタファセンターで買うべきものをまとめました。

エスカレーター

シンガポールのエスカレーターは・・・・・・異常に早いです。

地元の人でも「おっとっと」ってなってる人がいるくらい早いです。

シンガポールはエスカレーター天国、どこに行くのにもエスカレーターがあり、便利です。

ずっこけないようにお気を付けください(‘ω’)ノ

フードコート・ホーカー

注文の仕方は日本と同じなのですが、片づけ方が違います。

「返却口」はありません。

お掃除するおばさん&おじさんたちが片づけてくれるので、食器はそのままで大丈夫なんです。

初めてシンガポールに滞在したときは衝撃でした。

シンガポールで慣れてしまうと、片づけないのが癖になってしまい、日本のフードコートで食器そのままにして立ち去ってしまいます・・・(私です。経験済です;;)

相席になる場合もあります。

特に広いテーブルに少人数で座ってる場合は聞かれる事が多いです。混んでる時は特にです。

誰も座る予定がないなら、空いている席を譲ってあげてください。

ガム

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、もちろん持ち込み禁止です。

国内で売っているのを見つけることもできません(・∀・)

日本からこっそり持っていって、街中で食べながら歩く・・・・・・なんてそんな恐ろしい事しないでくださいねヘ(゚∀゚*)ノ

【シンガポールに行く前に知っておくべきこと】まとめ

  • お湯のスイッチ・・・シャワー浴びる前にスイッチをいれる
  • レストランのランク・・・衛生状態が心配なら、ステッカーがAかBのところを探す
  • マック・・・サイズが日本と違うので気を付ける
  • レストランの税金・・・食事代+17%(GST+サービス料)
  • ゴキブリ・・・遭遇するかも
  • 水・飲み物・・・水分補給はしっかりと!お茶は砂糖が入っている場合があるので注意
  • トイレ・・・綺麗なトイレがいいならSC・ホテル・空港で
  • バス・・・バス停で手を上げないと止まってくれません
  • スーパー・・・ばらまきお土産が安く買える
  • エスカレーター・・・日本よりスピードが速いので、転ばないように
  • フードコート・ホーカー・・・食べた後の食器はそのままで。相席の場合もあり
  • ガム・・・持ち込み禁止


以上です。

初めてシンガポールに行かれる方や、留学・お仕事でシンガポールに行かれる方の参考になれば嬉しいです。




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


コメント