安い旅行の選び方・注意すること【どんな旅行・パンフレットが安い?】

スポンサーリンク
旅行

こんばんは。Miaです。

安い旅行ってどうやって探せばいいのか分からない。パンフレットもいっぱいありすぎてどれを選んでいいか分からない!!

お得な旅行に行きたいけど、安すぎると心配。危なくないのかな?何か注意することってあるのかな?

といったお悩みはないでしょうか?

近年海外旅行でも、目を疑うような安い旅行のパンフレットをたくさん見かけるようになりました。

旅行代金は安いに越したことはないのですが、安い旅行には安い理由があります。

それに気づかず「こんなはずじゃなかった」と旅行に行ってから後悔しないように、注意点をまとめました。

安い旅行の選び方はもちろん、旅行を申し込む際に注意することも記載しました。

「どこか旅行に行きたいな~」「そろそろ申し込もうかな」とお考えの方はぜひ参考にしていただきたいです。

安心のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!
スポンサーリンク

どんな旅行が安いのか?

これは簡単です。パンフレットがペラペラのものが安い旅行です。

A4の見開きにもなっていないペラペラのパンフレットがお値打ちです。

ある時とない時があるのですが、国内旅行でも海外旅行でもモノクロコピーのパンフレットはお値打ち商品の可能性大です。

出発日が近くても、何かしらの理由があってそういった格安商品がでる事もあります。

もし店頭やデジタルパンフレットで見つけたらチェックしてみてくださいね。

安い旅行には安い理由がある

当然の事ですが、これが分かってない方が多いです。

格安旅行なのに、高級ホテル・リゾートのようなサービスがあるワケがないです。

お値打ちな旅行は、現地での滞在時間が短かったり、フライト時間が深夜早朝発着だったり、ホテルのランクがあまりよくなかったりする場合もあります。

それを承知した上で、格安旅行に申し込みましょう。

そして自分が払った料金と現地でのサービスは比例するという事をしっかり頭に入れてください。

もし現地で格安料金にそぐわない素晴らしいサービスがあった場合は、ラッキーだと思いましょう。

旅行を申し込む際に注意すること(特に格安旅行)

フライト時間

格安旅行は、パンフレットに載っているフライト時間の幅が広いものがあります。

例えば「7:00~10:00出発」のような表記です。

これはパンフレット作成時点で航空会社が決まっておらず、出発時間も確定していません。

7:00発になる可能性もあるし、10:00発になる可能性もあるということです。

それを考慮して申し込むようにしましょう。

滞在時間

時差がある国に海外旅行に行く場合は注意しましょう。

安く旅行に申し込めたと思って後で確認したら、滞在時間が全然なかった!という事もよくあります。

格安旅行の場合は早朝の便で帰国するプランもあります。

長く滞在できる便を選ぶと、追加料金がかかる場合が多いです。

航空会社

どこの航空会社の飛行機に乗るのかパンフレットで確認しましょう。

LCCの飛行機の場合、旅行代金が安いです。

航空会社がまだ決まっていない場合は「〇〇航空または○○航空」と書いてあります。

どちらの航空会社になるか分からない事を踏まえた上で申し込みをしましょう。

ホテルのランク・立地

ホテルのランクをパンフレットで確認しましょう。

格安旅行のホテルはホテル名ではなく「Cグレード」のような表示がされている場合があります。

この場合、Cランクのホテルの中から泊まるホテルが決まります。

どこのホテルになるか申し込み時点では決まっていません。

出発前にチケット等旅程表をもらうまで、宿泊ホテルが分からないので注意しましょう。

立地にも注意してください。

治安があまり良くないところにあるホテルはおすすめしません。

特に旅行初心者の方は、駅が近かったり、大通りが近い立地のいいホテルをおすすめします。

少しグレードの高いホテルだと、パンフレットに駅から○分と記載があるので、確認しましょう。

燃料込みの旅行代金か

以前は燃料別で記載がある海外旅行のパンフレットもあったのですが、今はあまり見かけなくなりました。

ですが、パンフレットに「燃油サーチャージ込」と記載があるか確認しましょう。

ベッド

2名1室だと当然シングルベッド2台だと思いがちですが、ダブルベッドが一台だけ・・・という悲劇が起こる場合もあります。

私も一度だけですが、友人と旅行に行った際にダブルベッド1台だけだったことがあります。

シングルベッド2台を希望する方は、パンフレットにめちゃくちゃ小さい字で「ダブルベッドの可能性もあります」と記載がないか確認しましょう。

キャンセル規定

いつからキャンセル料がかかるのか必ず確認しましょう。

国内旅行・海外旅行・クルーズ全てキャンセル料がかかる日数が違います。

旅行会社によっても違う場合があるので、必ず確認してください。

ミスマッチな旅行を選ばない為に注意する事

パンフレットや旅行の説明文はよく読む

パンフレットやネットで申し込んだ際の説明文って字も細かいし、読むのが億劫になりますよね。

それでも読んでください!

「こんなはずでは・・・」「こんなの聞いてない」といったミスマッチを防ぐために自分の身は自分で守りましょう。

安いパンフレットではあまりないかもしれませんが、無料でオプションが付けられるプランもあります。

ですが、自分から申し込まなければならないものばかりなので、損をしない為にも旅行パンフレットは熟読することをおすすめします。

できれば「申込前・家に帰ってから・キャンセル料かかる前・旅行前日」に申し込みしたパンフレットを読みましょう。

安い=いい旅行とは限らない

「いい旅行」というのは人によって全然違います。

  • 旅費を節約して現地でたくさんお金を使って遊ぶ。
  • 往復ビジネスクラスで高級ホテルに宿泊。現地ではのんびりホテルライフ。

上記2つでは同じ場所に行ったとしても過ごし方が全く違いますよね。

「安い」ということだけにとらわれずに、自分が本当にやりたい事ができる旅行に申し込んでください。

注意点に気を付けて申し込みをして、後悔のない旅行にしましょう!

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!


よかったらクリックお願いします!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村